アジアのお箸

中国語・韓国語・ベトナム語・広東語が似ているので同時学習してみるブログ・・・でしたが現在は英語ばかり勉強しています。

【諧謔】をなんというか

諧謔】も日中韓越で共通して存在することばだ。各言語でニュアンスは少し違うかもしれない。
日本語で【諧謔】とはちょっと難しいことばだが、「しゃれた冗談、ユーモア」のような意味である。

日本語
 かいぎゃく【諧謔
  諧謔を弄する
  (いい気持ちでしゃれのめす)

中国語(普通話
 xiéxuè【谐谑】
  语带谐谑
  yǔ dài xiéxuè
  (言葉にユーモアを挟む)

韓国語
 해학【諧謔
  해학과 풍자
  (ユーモアと風刺)

ベトナム語
 hài hước【諧謔
  Tôi không hài hước.
  (私はユーモラスではない。)

あいかわらず細々とベトナム語を勉強していて、"Tôi không hài hước."という文が出てきた。英語訳は"I am not humorous."だった。"humorous"を"hài hước"というのか。"hài hước"・・・。"ハイ フゥク"・・・。これってもしかして"諧謔"のこと!?と思ったらその通りだった。こういうアハ体験があるから漢字文化圏の言語はやめられない。